代表的な肌トラブルといえば、かゆみやニキビ、炎症です

代表的な肌トラブルといえば、かゆみやニキビ、炎症です。

実は、頭皮でも同じリスクがあり、育毛剤が体質に合わないと肌トラブルの症状が出てくることがあります。

育毛剤の効果と勘違いして放置していると、育毛治療になるどころか頭皮環境が悪化し、逆効果になる可能性があります。

育毛剤の使用中に、何らかの異常があらわれた場合はすぐに育毛剤の使用をやめることをおススメします。

最近では薬を使用した育毛方法もあり、利用する方も前より多く聞くようになりました。

育毛の効果をアピールしている薬には、だいたい見かけるのは飲むタイプと塗るタイプですが、これらは副作用が起きてしまう場合もあります。

費用の面だけを問題とし、医師に相談せずに、個人輸入を利用すると、場合によっては偽物を入手してしまうこともその数は軽視できないのです。

これまでにたくさんの人がコレで毛が生えてきた、増えたという食べ物を広めてきました。

その一つとして、納豆がいいと広くいわれてきました。

なぜでしょうか。

抜け毛の原因の一つとして、男性ホルモンの過剰な分泌が挙げられます。

納豆はそれを抑制する大豆イソフラボンが豊富な食べ物ですし、様々な酵素、たとえばナットウキナーゼが血液サラサラ効果があります。

納豆を食べるときは、カプサイシンの供給源となるキムチのような食べ物と組み合わせてバリエーションを持たせると、毎日の献立にもメリハリがついて長く摂り続けていけるでしょう。

よくヘアカラーやパーマをAGA発症と結びつける人がいますが、それでAGAを発症すると考えるのは、実は誤りです。

そもそもAGAというのは、頭皮や髪を苛める行為で発症するものではなく、男性ホルモンの影響で起こる症状であって、美容院で使われる薬剤などとは無関係です。

とはいえヘアカラーやパーマをかけるといった行為が毛髪や頭皮にとってストレスであるのは否めませんから、性ホルモンとは関係のないところで抜け毛や薄毛の原因になっている可能性は高いです。

なるべく刺激を低減するために、もしセルフでカラーリングをしている人は、すすぎ残しのないようよく落とすなどの注意が必要です。

髪の一生は発毛、成長、退行、休止に分けられ、その周期を毛髪周期(ヘアサイクル)と呼びます。

本来なら発毛してから髪が早い速度で伸びる成長期が6、7年あり、伸びる速度に陰りが出てくる退行期、毛包が休止して(休止期)髪が伸びなくなるところで1サイクルです。

なのにAGAを発症するとヘアサイクルが乱れ、1サイクルが短いものになってしまい、成長期に入った髪が未成熟のまま休止期に入って抜けてしまうのです。

簡単に頭皮を温めて毛穴を開かせる為には、ホットタオルを使った方法が良いですよ。

熱湯を用意して蒸しタオルを作らなくても、タオルなどを水で湿らせた後に電子レンジで数十秒間チンしたら簡単ですし、迅速に作れちゃうのです。

こうしてチンして作った蒸しタオルを入浴前に頭部に巻き付けておくと毛穴が充分に開いた状態になり、髪の汚れや皮脂がシャンプーでよく落ちます。

汚れ落ちが完璧になると健康的な毛穴を保持できますから、育毛にはベストですね。

三食ちゃんと食べて、栄養バランスの良い食事を摂るというのは、育毛にとってとても大切なことだと認識しましょう。

育毛によい食材は数多くありますが、ここではピーマンについてみてみます。

ビタミンCやカロチン、鉄やカリウムなど豊富な栄養素を含み、また、ビラジンという、香りに関わる化合物は、血小板の凝集を抑えて血液の流れを良くします。

そうやって血液の流れが改善されることで、髪のための栄養や酸素が、スムーズに頭皮の毛細血管にを移動でき、髪に届られるはずですので、いつも食べるようにしたい食材です。

また、ワタの部分に豊富な栄養素が含まれていることが知られてきました。

ですから、なるべく、丸ごと調理する方法でいただきたいものです。

保湿効果が大変高いことで有名なヒアルロン酸ですが、頭皮の保水力もアップさせる効能があるといわれているため、化粧品だけでなく、育毛剤に入っていることが多い成分です。

適度な水分量が頭皮に保たれることにより頭皮の角質環境が良くなり、髪の毛が瑞々しくなります。

更には、血液循環を良くするはたらきもヒアルロン酸にはあることが最近の研究成果が示しています。

ヒアルロン酸は育毛に大変役に立つ成分なのですね。

日本では医師からの処方箋がなければ使えない育毛剤もありますが、個人輸入という手段を取れば手に入れられるでしょう。

しかし、日本で規制がかかっているような育毛剤は、一般に市販されている育毛剤よりも強力な成分が配合されていることになります。

市販の育毛剤よりも強く育毛効果を感じることができるかもしれませんが、体に合わなかったことを考えると、副作用の心配があります。

その他にも、詐欺や粗悪品を買わされたといった被害もあるので、慎重に考えて購入を決めてください。

育毛のためになる食品として、ゴボウ茶が良いと考えられているようですが、その訳は、ゴボウ茶を飲むことによって、血行改善が進むとされているからだと考えられております。

ゴボウ茶の成分を見ると、タンパク質やビタミンといった、育毛に役立つとされる成分は、あまり含まれてはいないのですが、血行が改善されて、身体の隅々、頭皮の毛細血管へもちゃんと栄養が運ばれて、抜け毛やフケ、かゆみといった頭皮のトラブルを防いでくれるようなのです。

ところで、ゴボウの栄養素を詳しく見てみますと、他の食材より抜群に多くの食物繊維を含みますし、ゴボウの皮に多いポリフェノールは抗酸化作用を持っています。

よく言われる「血液サラサラ」という状態にしてくれます。

こうやって血液が健康になることによって、血行が良くなりますが、それが頭皮の健康、すなわち育毛につながると考えられています。

カプサイシンという、唐辛子に含まれることでも有名なその成分は育毛にも大注目の成分です。

カプサイシンの効果で、血流が良くなると頭皮の状態が良くなることが考えられます。

また、女性ホルモンのような作用をもつと言われるイソフラボンと一緒に摂ることで、髪の毛を作る毛母細胞を活性化するための成分を増加させます。

ただし、バランスを欠いた食生活になってしまうのは体のために良くないでしょう。

「○○が△△に効く」は、あまりにもメディアでありふれた言い方ですよね。

ただ、元をただしていくと、置換食でカロリー減とか、整腸作用があるとか、それなりにきちんと根拠のある理論にたどり着きます。

では、『コーヒーが育毛に効く』というのはどうでしょう。

育毛に有効という意見もあれば、育毛のために刺激物を避けるという点で忌避したほうが良いという人もいますし、カフェインが悪いという人もいます。

コーヒーは日常的に簡単に飲めて、飲む機会も少なくないため、本当のことを知りたいものです。

まず、コーヒーは頭をすっきりさせるといいますが、血行を促進させ老廃物の代謝を良くし、毛細血管を拡張させる効果などは健康的な地肌の育成や育毛には良く作用するはずです。

また、カフェインは育毛にきわめて有用なアデノシンという物質の分泌を抑制する効果があります。

アデノシンは体内で生成され、一定量蓄積されると眠気を催す効果があるため、コーヒーからプラスの効果だけを得たいときは、アデノシンが不足しないようにするには寝る数時間前を避けて飲むようにしたほうが良いでしょう。

効果が、「ある」「ない」の違いは、ここにあったのですね。

初期のAGA(男性型脱毛症)の場合、症状の進行にはやや規則性があり、額の生え際や前髪の分け目部分の地肌が目立ってくるのがほぼ共通しています。

ただ、急激に進むものでもありませんから、髪をよほど掻きあげてみなければ気づかないでしょう。

なんとなく生え際が後退してきたり、頭頂部や髪の分けめの地肌が目立ったり、部屋に落ちている抜け毛が見るからに増したように思える時は、AGAの症状が進んできている可能性が高いです。

いろいろな性能を兼ね備えた育毛機器が溢れる今では、サロン品質のケアを自宅で気軽に行うことが可能になりました。

しかし、育毛機器ならなんでもいいという訳ではなく本当にいいものを使わなければ、せっかくの器具なのに効果を感じなかったり、最悪の場合、抜け毛が増えてしまうなんてこともあるでしょう。

大切なのは、ただ育毛機器を使えばいいということではなく、生活改善などに努め、いろんな角度から育毛した方が効果が出やすいでしょう。

髪にも体にも悪い生活では、効果半減でしょう。

グレープシードオイルは、ブドウの種の中から抽出されますが、とても強い抗酸化力があるのです。

強い抗酸化力を有していることから活性酸素を抑えることが可能です。

活性酸素は毛母細胞のはたらきを阻害してしまいます。

活性酸素を抑制することに加えて、パサパサになった頭皮をグレープシードオイル中のオレイン酸が保護してくれるため、養毛や育毛に効果てきめんなのがうかがえますね。

オイルによる頭皮マッサージを習慣づけたり、料理に使って食べてしまうのも良いですし、サプリとして市販されているものもあるので、これを飲んでみるのも良い方法でしょう。

心身の不調、いわゆるストレスによって脱毛が発生するケースもあります。

たとえば10円ハゲなどと言われていた円形脱毛症などはその要因にストレスがあげられています。

それにAGAの発症というのも過度なストレスが背景にあることが少なくありません。

ヒトというのは過大なストレスに遭うと合成されるホルモンの割合に変化が生じます。

男性ホルモンはAGA発症に強く関わっているため、ストレスが発症の要因になることは容易に推測がつきます。

育毛に関する俗説はたくさんあって、ワカメなどの海藻類を食べると髪に良いという話も聞いたことがあると思います。

ワカメなどの海藻には、ヨウ素などの栄養があって身体には良いものの、ダイレクトに毛髪の成長を促すような効果は無いというのがこれまでの話でした。

けれども、海藻のネバネバした成分に含まれるフコイダンが髪を作る毛母細胞の活性化に必要なIGF-1の増加を助ける効果がある事が解明されたのです。

IGF-1はソマトメジンCとも呼ばれ、海藻類以外にも、大豆製品や唐辛子などの食品を摂取することでも生成されることが認められています。

育毛シャンプーは人気の高いアイテムですが、育毛や地肌ケアできるコンディショナーもあわせて使い、同時に育毛効果を高めたいものです。

ただ、シャンプーの仕上がりは気に入っているけれどセットで使うとペタつく、保湿効果はあるけどボリュームが抑え気味になるなど、さまざまな理由で育毛シャンプーと同じ銘柄を使うのは気が進まないという人もいます。

もともと育毛シャンプーは単品で効果が得られるものですので、同じ銘柄を使う必要はないでしょう。

育毛効果の成分で選ぶのも良いですし、ふだんから使うのですから、使用感が自分に合っていて、それでいて地肌に良いものを選びましょう。

製品の説明書きに書かれていることかもしれませんが、洗髪のときは、よけいな成分が残って地肌や髪に負担とならないよう、しっかりと洗い流してください。

髪が短くても頭の上からザアザアとお湯をかけるだけでなく、指を髪と髪の間に入れ地肌との間に隙間を作る気持ちで洗い流すと良いでしょう。

念入りにしても時間はたいしてかかりません。

育毛のためには、少々の手間を日常的に忘れないことが大事です。

育毛促進と歩行運動の間には、全然関連性がないと思われがちかもしれませんが、歩くという活動を行うと頭髪に成長がみられるでしょう。

運動が十分でないことも髪の毛が薄くなる要因の一つであるといわれ、歩くというようなちょっとした活動を習慣化することで、血液の流れがよくなって健やかな毛髪が実現しやすくなります。

始めるのに敷居の低い運動になりますので、できることなら、やってみてください。

手にある3箇所のツボをマッサージすると、育毛に良い影響を与えることができるそうです。

せわしなくキュッキュッと押してもツボ押し本来の効果は得られないので、ゆっくり行ってください。

この動作なら人に不快感を与えないので、外でも気兼ねなくできます。

日常の動作に取り入れて習慣化するのも容易でしょう。

ツボの位置はてのひらに集中しています。

親指の付け根付近にある「脱毛点」を刺激するのが良いのですが、痛いと感じる人もいるようですので、最初はソフトに押しましょう。

掌の中央(くぼんだあたり)にある労宮は、すぐわかると思いますので、押してみてください。

中指の第一関節(指先側から一番目の関節)のシワ付近にあるツボは内臓の働きを良くして体の代謝を促します。

あわせて揉むことで、成長した毛を維持して抜け毛を減らし、毛根の活性化に役立つでしょう。

育毛に効く手のツボは2か所であるとも言われますし、わかる人であれば目的を絞って数か所を押すと良いとも言われており、一度興味を持つと、面白いもののようです。

とはいえ、ツボ押しの効果は長期的に現れてくるものですし、血行不良以外にも抜け毛の原因はあるので、これだけに頼るのは良くないと思います。

一般的に、ペパーミントは「メントール」という名称でシャンプーなどに配合されていますが、育毛の効能があるハーブの一種です。

動物実験でペパーミントオイルを使用したものがあるのですが、育毛の効能があることが分かったのです。

でも、ペパーミントオイルを直接頭皮に塗るのはその刺激の方が強いために逆効果を及ぼしますから、興味本位でやってみてはいけませんよ。

育毛効果のあるハーブティーを摂取しようと考えているならば、男性型脱毛症発症と関連する酵素を阻害してくれるはたらきを持つハーブであるローズマリーのハーブティーを選ぶと良いでしょう。

最近では、ドライヤーやヘッドスパ、家庭用のレーザー育毛機器などの頭皮や毛髪の悩みに適した美容家電が様々に売られているようです。

ドライヤーやヘッドスパの場合は、使うことで髪の毛を生やすというよりも、頭皮そのものの血行を良くして、髪が生えやすい頭皮環境をつくるなどの、サポートとして力を発揮してくれるでしょう。

薄毛がAGAによるものであれば薄毛の状況にあったケアをしなければ育毛にいたりません。

ところが、健康保険がAGAにはきかない自由診療である以上AGA治療のための費用は、全てのクリニックで同じではありません。

一般的には、1万円から2万5千円程度が一ヶ月につき必要といわれており、年単位の治療による費用の差はそれなりの額になります。

それから、治療内容のボリュームによって費用の総額は変わってきます。

育毛への取り組みとして、漢方薬を飲む方も珍しくありません。

生薬を特徴とする育毛剤も珍しくはありませんが、漢方を飲むことで、そもそもの体質など、体の内面から生薬が働きかけることによって育毛に効果が発揮されると言われています。

ただ、漢方薬は市販のものというよりは、体質に合わせて処方されないと効果が期待できませんし、すぐに効果が目に見えてわかるのではないため、焦らず気長に続けることが必要です。

大豆の中に入っているイソフラボンという成分は体内で女性ホルモンと似通った作用を発揮し、男性ホルモンが過剰に出るのを抑える働きがあるといわれています。

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は男性ホルモンが薄毛の引き金になる成分に変化することで症状が表面化しますから、男性ホルモン抑制により育毛効果が期待できるということになるのです。

大豆が主成分の製品はいろいろありますが、豆乳だと液体状になっていますから栄養成分を身体の中に吸収しやすいので、イソフラボンを摂りやすい理にかなった食品と言えるでしょう。

育毛剤にはいろいろなタイプがあり、塗るタイプより内服薬の方が効き目を実感できる人が多いとされているものの、その反面、副作用を引き起こしてしまう心配も高まります。

内服する育毛剤を使い続けると、その副作用として、頭痛や吐き気、胃部不快感、めまい、ふらつきなどがあるそうです。

さらに意外なことに、内服タイプの育毛剤でも炎症、かゆみなど、頭皮の異常が起こる可能性もあると言います。

このような副作用が起きた時は、使用を続けるべきではないでしょう。

男性ホルモンの一つであるテストステロンが作用すると、骨が頑丈になったり、筋肉が発達し、濃い髭や体毛、太い髪を生やすようになります。

しかしながら、これとは別の、ある男性ホルモンが分泌されるようになった場合、薄毛になり始めたり、それから、男性型脱毛症へと進んだりするのです。

そういう訳ですから、病院で処方される脱毛症の薬や、市販の育毛剤には、男性ホルモンを抑制する成分が配合されることが多いです。

男性を脱毛症へと誘う男性ホルモンというのは、テストステロンが変化してしまったDHT(ジヒドロテストステロン)といい、これが活発に働くと、薄毛や脱毛はますます進行しますので、テストステロンをDHTに変化させる5αリダクターゼという酵素の抑制が大事だと言われているようです。

現在生えている毛髪を育てるのが、いわゆる育毛になります。

育毛剤は頭皮環境の正常化やしっかりした髪が育まれるのに必須の成分を送り届けて、フケとか痒みを抑えるなどの毛が抜けるのを防ぐ効果とか丈夫な髪を育てる効果が期待できるわけです。

発毛という場合には、いろいろなことが原因で薄くなった箇所の髪をちょっとでも増やすというのが目標になっています。

毛母細胞の活動を促すことで髪の毛を生やそうというのが発毛剤なので、休眠期に入ってしまっている毛根から髪を生やすのに役立つ成分が配合されていることが多いでしょう。

発毛と育毛では類似しているようでも髪や頭皮への効果が違いますから、状況に応じて使い分けることをオススメします。

近年、薄毛の改善を望んでいる人々の中でエビネランが育毛効果を発揮すると考えられています。

エビネランの効果としては、血流を促したり、消炎効果を発揮したりするため、薄毛改善に役立つと言われています。

日常生活に支障がないのも利用者にとって都合の良い点ですが、目に見えて効果が表れるのは多くの時間が必要だと思われます。

そして、簡単に抽出できるものではありませんから、高価であることも問題です。

近年、内服薬を使用しての育毛をしている方もたくさんいます。

育毛薬としてはプロペシアが代表的だと言えますが、他にも多様な内服薬が販売されています。

塗布するのと比較すると効きめが早期に実感されやすい反面、何らかの副作用が起こりやすいので、心に留めておくべきだと言えます。

使用した内服薬が、体質上合わないと感じた場合にはすぐ、使うのを止めてください。

また、服用にあたっては、医師に処方してもらってください。

もっと詳しく⇒細毛で地肌が目立つ太く改善するための育毛剤